お家にある不用品、回収できないものがあるのをご存知ですか

不用品回収出来ないものとその理由

>

回収業者が取り扱えない情報

紙媒体

新聞や雑誌は、資源ゴミになります。
活用できるのであれば、チリ紙交換に頼むとトイレットペーパーなどと換えてもらえます。
昨今注意が必要になったのが個人情報が記載されている紙類です。
この取扱いに関しては慎重にしなければなりません。
職場やプライベート情報の漏洩は、後々の様々なトラブルの元凶となります。
シュレッダー機器を使用し、確実に処分してください。
特に気を付けるべきが契約書や見積書などの重要紙類です。
会社名、金額、取引情報が入っていたりする場合がほとんどです。
これらの情報漏洩によって、訴訟沙汰になることを十分にありますし、これにかかる膨大な時間と手間、最悪敗訴すれば、多額の賠償金支払いに応じなければならなくなります。

情報媒体

クラウドサーバーの発達はあるものの、CDやUSBメモリなどが情報保存にまだまだ活用されています。
これらの情報媒体は不用品回収業者では引き取り不可です。
CDは、自身で粉砕し、一般的な燃やせないゴミと一緒に捨てられます。
物理的に折る、または割ることで、閲覧できない状態にするのが重要です。
USBは中のデータを消去すれば再利用できるものです。
破棄をするのであれば金づちなどで叩いて破砕すると安心でしょう。
一般の回収業者ではなく、データ消去を含めて無料回収してくれる業者があれば、こちらに相談してみるのも安心です。
このような情報媒体は、個人情報の取扱いに敏感な社会では、最悪の場合は裁判沙汰になりえますので、不用品を廃棄する側がしっかりと管理しなければなりません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る