お家にある不用品、回収できないものがあるのをご存知ですか

不用品回収出来ないものとその理由

>

回収業者が取り扱えない危険

危険物

不用品回収業者で扱っていないケースで、非常に多いのが危険物と呼ばれるものです。
スプレー缶やカセットコンロのガスボンベ、マッチや花火などが身近にある危険物として広く認識されていると思います。
中身を出しきり、缶に穴を開けてガスを抜き、ゴミとして自治体の指定に従った処分をしてください。
ライターも同様にガス抜き処分してください。
花火やマッチは、水で湿らせて発火予防を施してからから捨ててください。
電池類は使用後、電気屋などに設置されている収集場所に持っていくのが簡単です。
灯油やガソリンなども、販売店に持参して処分するのが確実です。
回収業者の利用には、危険物に該当する不用品があるかを調べておく必要があります。

医療器具

医療器具や薬品は危険物と同様に回収できないものに含まれますが、多くは感染等のリスクを回避するためです。
家庭で使用していた体重計や血圧測定器であれば、状態にもよりますが、リサイクルが可能です。
液体薬品の回収は、間違いなくできません。
中身を処分し、容器は各自治体のルールに従ってください。
特に農薬などは取扱いに注意を要します。
中身を捨てる際はくれぐれも適切な取り扱いを心がけてください。
また病気の種類によって、ご家庭で注射器を使用するケースでは、医療機関への返却がもっともベストです。
注射針の扱いは危険なので充分な注意を払いましょう。
つまり、医療器具の多くは、それを購入した施設や販売店へ持ち込むのが賢明です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る