お家にある不用品、回収できないものがあるのをご存知ですか

不用品回収出来ないものとその理由

>

不用品、廃棄物、粗大ごみ

自動車部品やピアノ、金庫、マットレスなど

オートバイや自動車の部品、産業廃棄物は多くで処分できません。
これらの処理には通常とは別の許可が必要になるからです。
特に自治体が委託する処分場では堅すぎで破砕できないことも関係します。
金庫は手作業による解体に加え、破砕できる設備がないことが理由です。
ピアノ・タイヤなども、「ピアノ線」が処分場で破砕できないため、処分ができません。
(電子ピアノやエレクトーンは処分してくれる自治体があるのはピアノ線が有無が背景にあったのです。)
また、スプリングマットレスのスプリング部分が破砕できないため、回収できません。
加えて長すぎるものはコンベアに乗らないといった理由で回収していません。
つまり、回収できない大きな理由は破砕可否のようです。

自治体が回収しない理由

手続きに手間と時間はかかりますが、比較的廉価で対応してくれる自治体。
回収できない主な理由は、自治体が委託する処理場の設備で処理できないことや他への影響を回避するためということが理解できたと思います。
パッと見では、どちらも回収できそうであっても、その製品に使用されている部品の有無で差がでてくるのですね。
ピアノやマットレスなどは、引越しや不用品処分の際、ご家庭によっては発生するものばかりですので、こういったちょっとした知識は今後に役立ちそうですよね。
では、こういうものの処分はどこでなら可能なのか?
リサイクルショップや不用品回収業者の活用を思いつく人がいると思いますが、こちらについてもこのあと紹介していきます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る