お家にある不用品、回収できないものがあるのをご存知ですか

不用品、廃棄物、粗大ごみ

不用品の回収を依頼する先として、多くの方は自治体を想像されると思います。 普段の燃えるゴミや燃やせないゴミといった収集場で破棄できるものから、一定の手続きを行い破棄するものまで様々です。 ですが、自治体では取り扱えない不用品があります。ここではそれらを具体的に見ていきたいと思います。

回収業者が取り扱えない危険

不用品回収業者が取り扱えないものに『危険物』が含まれます。 日常生活の中で、私たちはその危険物を多く使用しています。 それゆえ不用品回収業者で取り扱えない理由や背景を説明し、さらにそれらの廃棄を扱う場所や方法について説明していきたいと思います。

回収業者が取り扱えない情報

不用品回収業者が取り扱えないものに『情報』というものも含まれます。 普段の生活で溢れている情報というものが、具体的にどういうものを指しているのか、なぜそうしなければならない理由は何か、そしてどのように取り扱うべきかを探っていきたいと思います。

自治体で回収できない

世の中には、たくさんのモノがあふれています。
劣化することで不用品、つまりゴミになってしまいます。
一言で、不用品(ゴミ)といっても、実は非常に複雑で奥深いものです。
これらをもう少し堅い表現をすると『廃棄物』というものになります。
『産業廃棄物』と『一般廃棄物』に大別されます。
産業廃棄物は事業活動でのゴミのうち、廃棄物処理法に定められたもの。
そして特別管理産業廃棄物という爆発性、毒性、感染性のあるものに区分けされます。
また、一般廃棄物には一般家庭の日常生活からの家庭系一般廃棄物、産業廃棄物以外の事業活動によって出る事業系一般廃棄物、適切に処理が必要な危険性のある特別管理一般廃棄物になります。
産業廃棄物は主に20種類あります。
主なものとして燃え殻、汚泥、廃油、廃プラスチック類、ゴム・金属・ガラスくず、がれき類、紙・木くず・繊維くず、動物の死体・排泄物などがあげられます。
こういうものは、それぞれの企業団体の担当者が具体的に精通し対応していかないと法律や条例で処罰の対象になるものも多く、私生活においての関りは薄いため、大きな問題にはなりません。
重要なのは、一般廃棄物です。
特に家庭系のゴミ。実は捨ててはいけないというものが結構あります。
家庭からでるゴミも大きく自治体と回収業者に分別され、それぞれ取扱いができないものがあります。
ここではその不用品の具体的なモノと背景や理由などを探っていきたいと思います。

TOPへ戻る